男性

事業譲渡をする際の注意点|手続きについて

手続上考慮すべき事項

握手

取締役会決議と重要な事業

事業譲渡において、会社の業務執行を決める権限は取締役会にあるため、事業譲渡契約について事前に取締役会の決議を経ておく必要があります。また事業譲渡契約が、重要なる財産の処分および譲受であれば、取締役会の決議によって代表取締役に一任することはできません。取締役会では、事業譲渡契約の細かな部分まで決定することはありません。取締役会の役目は、事業譲渡の対象財産や取引相手、時期、譲渡価額ないしその決定方法などについての決定です。事業譲渡契約内容から判断して、商法による重要な事業譲渡等に該当する場合には、株主総会の特別決議が必要になるが、その招集が必要かどうかの判断も併せて取締役会で行うことになります。取締役会を開催した場合には、その議事の経過と要領を記載した議事録を作成しなければなりません。重要な事業の譲渡に該当するかどうかの判断には困難が伴います。最高裁の判例によれば、次の4つに該当する場合は、商法における重要な事業の譲渡であり、株主総会の特別決議が必要であるとしています。1つ目は、一定の営業目的のために組織化されたものであることです。2つ目は、有機的一体として機能する財産の全部または重要な一部を譲渡するものである場合です。譲渡会社がその財産によって営んでいた営業活動の全部または重要な一部を譲渡人に受け継がせる場合です。4つ目は、譲渡会社が法律上当然に競合避止義務を負う場合となっています。

レジスター

店舗経営は情報管理から

POSは、店舗における売上管理をより正確に、より効率的に行えるようになるシステムです。商品等を販売したその都度詳細なデータを自動的に記録・蓄積することで、売上動向をつぶさに把握し、在庫管理業務などの精度を向上させることができます。

介護士と老人

介護事業への新規参入

さくら介護グループは各種介護事業のフランチャイズで、開業前には事業計画の作成や施設の整備などに関してサポートを受けられます。また開業後にはレセプトの請求代行や電話受付代行などのサービスが用意されています。

歯科

協力会社に相談する

大阪で歯科を開業する時の準備は、まず、協力会社を見つけるところから始まります。続いてそのアドバイスを参考にしながら立地場所を探し、資金を準備します。そして医療機器を取りそろえた後、スタッフの募集をして開業となります。