女の人

事業譲渡をする際の注意点|手続きについて

介護事業への新規参入

介護士と老人

フランチャイズの利点

急速な少子高齢化に伴い、介護ビジネスの市場規模は拡大を続けていますが、専門的なノウハウを知らないためのトラブルも発生しています。介護事業を始めてみたいが、まったく知識がないという方は、フランチャイズを利用するという方法があります。さくら介護グループは日本で初めて介護ビジネスをフランチャイズ化したことで知られ、未経験者でも開業できることが特徴です。さくら介護グループでは事業計画を策定し、施設や設備を整え、介護保険指定を申請するといった基本的なところからサポートを行っています。また開業前研修やスタッフの募集、営業ツールの手配等に関しても支援を受けられます。事業の展開に不安があるときは、納得できるまで打ち合わせておくことが大切です。開業後はレセプト作成や請求代行サービスを利用することができます。国保連への請求手続きは煩雑で時間を取られがちですが、面倒な手続きを代行してもらうことで、本来の事業に力を集中できるでしょう。さくら介護グループでは開業後研修や経営指導のほか、電話受付代行も行っています。万が一顧客からクレームがあっても、本部スタッフが対応してくれるので安心です。訪問介護やデイサービスをはじめ、さくら介護グループで開業できる事業形態には多くの種類があります。どんな形が向いているかは、カウンセリングを受けて決定すると良いでしょう。説明会は全国各地で開催されており、初回相談は無料となっています。