女の人

事業譲渡をする際の注意点|手続きについて

店舗経営は情報管理から

レジスター

データを使って経営分析

店舗経営において、日々の売上を正確に管理することは非常に重要な要素です。加えて、その売上データが詳細なものであればあるほど、多角的な経営分析が可能になります。こうしたニーズに応えるのが、POSと呼ばれる売上管理システムです。POSは英語のPoint Of Salesの略で、「販売時点」という意味を持ちます。つまりPOSシステムとは、1日分の売上を営業時間終了後にまとめて記録したりするのではなく、会計時にその都度記録するシステムなのです。POSのシステム構成にはいくつかの種類がありますが、最もよく知られているのはコンビニやスーパーなどで見られる、POSレジと呼ばれるレジスターにバーコードの読み取り装置が接続されたタイプです。会計の際にバーコードを読み取ると、商品名や単価、合計金額、販売日時などがレシートに印字されると同時に、POSレジ内に自動的に記録されます。加えて、販売時点の天候や購入者の性別、年齢層などを手入力することも可能です。こうした蓄積されたデータは、一覧表やグラフなどの形で出力することができます。たとえば今月1か月間にどの商品がどれだけ売れたか、先月や前年同月と比較した場合の増減度合はどれくらいかといったことが、簡単に分かるようになります。さらに、どんな客層がどんな商品を買っているのか、晴れた日と雨の日で売り上げに変化はあるか、といった細かな情報も得られます。これらの情報は、在庫管理や資金繰り、棚の構成、価格設定など店舗運営のさまざまな分野に活用することができます。